バタフライピーのマザーティンクチャー

ハーブをウォッカやグリセリンに浸出させたハーブチンキ、

英語ではマザーティンクチャー : mother tincture

フランス語ではタンチュメール : teinture mère

ともいいますね。

sP6181206

バタフライピーの青い色素、アントシアニンはポリフェノールの一種で、ポリフェノールの抽出溶媒にはウォッカが適しています。

アントシアニンの抗酸化作用で老化予防が期待されます。また、ヒスタミン抑制効果も高く、花粉症が原因で起きる目のかゆみの軽減にも。

sP6181162

バタフライピー・ティンクチャー

材料

・ドライのバタフライピーの花 8g   (大さじ4)

・ウォッカ(40度) 200ml

・広口の瓶(写真は直径10cm、高さ4.5cmの瓶)

作り方

熱湯消毒した広口の瓶にドライのバタフライピーを8分目まで入れ、アルコール度数40度のウォッカをひたひたまでそそぐ。

浸出はすぐに始まり、半日もすれば十分に抽出できるので、花を漉して口の細い瓶に移し変える。(私は浸出させるのに使ったウォッカの200ml瓶を再利用しています)

バタフライピー・ローション

アントシアニンの抗酸化作用で肌の老化予防に。

sP6181361

材料

・精製水 200ml

・バタフライピー・ティンクチャー 大さじ1

・グリセリン 小さじ1

材料をよく混ぜ、スプレー容器などに入れて使う。容器をよく振ってからスプレーする。

※お肌の弱い方は必ずパッチテストを行い、異常がないことを確かめる。

※冷蔵庫で保管し、できるだけ早く(数ヶ月以内に)使い切る。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中