パッションフルーツの花

投稿日:

パッションフルーツがどんどん開花して、小さな実がふくらんできました

sP4012023

パッションフルーツの花はお寝坊さん

朝、のんびりと10時頃畑に行っても、まだ咲いていません

今日咲く花はないのかな? と思いつつ、ちょっと離れたところで作業をして戻ってくると、

いくつも咲いていたりします

そして咲いたばかりの花はこれ

sP4011996

夕方になるとこうなります

sP4012014

つんと立っていた三本のめしべが、開いてぺたーっと寝ています

 

「夕方になってもめしべが立ったままだと結実しない」という説もありますが

私の見ている限りでは45度くらいで止まった花はあるものの、

夕方になっても立ったままの花を見たおぼえがありません

着果するしないは天候の影響もありますし、1本のつるについた花芽の数で

パッションフルーツ自身がおのずと間引きしているのではないかと思います

まだまだ観察不足かもしれませんが…

 

パッションフルーツの紫種は自家受粉なので、同じ花の花粉で受粉します

めしべは腰を折り曲げておしべに近寄り、受粉しやすくしているのでしょう

この様子を見ていたら、「折り合う」という言葉が浮かんできました

腰を折って合う、とそのまんま…

「折」 は、斧で木を切る意 ですが

「折」には 「折にふれて」など、“機会”という意味もありますし

「折り入ってお願いがあるのですが…」の「折り入る」は

“深く心をこめる”という意味なのだそうです

言葉拾い~折り入って

 

ではおしべは? 下を向いていますよね

これがひっくり返って上向きになる、ともいいます

「ずーっと晴れが続くと上向きになる」とも聞くので観察していましたが

晴天が三週間くらい続いたものの、上向きになったおしべはありませんでした

上向きになったおしべは、たまたま風で裏返ったのではないかなあと私は思います

大事な花粉を雨や風から守るためには、下向きのほうがいいのでしょうか

 

できるかぎり人工受粉しますが畑に行けない日もあるし、

気がつかないうちに受粉できている花がけっこうあります

ハナグモさんの姿をよくみかけるので、一役かってくれているのかもしれませんね

 

パッションフルーツはビタミンA・B・C、βカロテン、クエン酸、カリウム、
葉酸、ナイアシン、ハルミン、パセノールなどが豊富で、

老化防止、高血圧予防、貧血予防、疲労回復などに効果があるとされています

パセノールはパッションフルーツの種に含まれるポリフェノールで、アンチエイジングに効果が期待できるとか。体内の活性酸素を除去し、血行を良くし、タルミ、シワの改善、メラニンの抑制など様々な美容効果が確認されていて、パッションフルーツの種を絞ったトリートメントオイルも出ていますね。

パッションフルーツにはさまざまな種類があり、フルーツとしていただくクダモノトケイソウのほか、ヨーロッパなどではチャボトケイソウ(incarnata)が薬用ハーブティーに用いられています。精神安定、不眠症緩和、気力回復などに効果が期待できます。

つる植物ですが行灯仕立てなどにして、プランターでも育てられます。葉や花を楽しみながら、パッションフルーツのある生活、始めてみませんか。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中