医食同源としての薬

『植物はなぜ薬を作るのか』(斉藤和季著/文春新書) という本によると、人類が植物を薬として用いたのは、紀元前4000~3000年頃に遡るそうです。薬となる植物の発見は、偶然の所産(セレンディピティー)によるもの。たくさん…