ピタンガ

ピタンガの実がどんどん熟して、とるのが間に合わないくらい。

sP4261071up

ピタンガは南米の熱帯地方原産で、ブラジル先住民族の言葉で「赤い実」という意味。

Surinum cherry、Brazilian cherry などの別名があり、落ち種からどんどん芽吹いて育ちます。

果実は種が大きいものの、よく熟せば甘酸っぱくてとてもおいしい。ただ、果皮が薄く傷みやすいので流

通に適さず、市場などでたまにみかける程度です。

ビタミンC、A、リン、カルシウムが豊富で、女性ホルモンの分泌を活性化する働きもあり、「血の鎮静剤」と呼ばれるとか。豊富なビタミンCが血管の損傷を防ぎ、動脈硬化や心臓病の予防に役立ちます。免疫力を高め、がんや白内障、ウィルス感染などの予防にも効果的とされています。

Pitanga-Eugenia uniflora

sP4251028

畑仕事の合間につまむと疲れが吹き飛びます。種をとりのぞいてジュースに。

sP4251041up

また、葉に含まれるアルカリ成分はピタンギーナと呼ばれ、キニーネ(キナの樹皮からとれるマラリア治療

薬)の代用とされるそう。ピタンガのお茶を毎日飲むと、肝炎の予防、喉の消毒、リウマチや癲癇に対する予防効果もあるとのこと。

ピタンガの効能

ピタンガの木はとても香りがいいと、ブラジルではエッセンシャルオイルを抽出したオードトワレなども出ています。今度水蒸気蒸留してみようっと。

sP4261070

2件のコメント 追加

  1. 安嶋愛 より:

    こんにちは。
    最近果実酒作りにはまってます。といってもまだ二つ目…笑
    可愛い果実見つけた!漬けてみたい!でも流通に適さない。泣
    まずはほかの果実、いろいろ試してみます!

    いいね: 1人

    1. nauhiaherb より:

      愛さん、こんにちは。何の果実酒漬けているのですか?
      ピタンガの果実酒、いいアイデアですね。きれいな色になりそう! やってみようかな♪

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中