浜辺のハーブ

投稿日:

春の日差しを感じる一日、友人と野草摘みに行ってきました

野草酵素を仕込むためです

海岸林や浜辺で、萌え出たばかりのぴかぴかの新芽を少しずついただきました

浜辺の、ほとんど砂地のところにも、ハーブがあります

ハマゴウ

sP3111619

実を乾燥させたものは生薬で蔓荊子(まんけいし)といい、頭痛、神経痛、中耳炎などに用いられます

萌え出たばかりの若葉はそのままサラダにしたり、乾燥してお茶にしたり

オレガノに似たほろ苦味が特徴

香りがよく(浜香とも)、葉と実を煎じた液をお風呂に入れてハーブバスにします

私は乾燥させた葉をそのまま布袋に入れて、お風呂に沈めています

5月頃、薄紫色の花が満開になります

blog_import_4f687766a2d44

モンパノキの新芽

s-Image4monpa

てんぷらにするとおいしいです

 

岩場にはりつくイソマツとミルスベリヒユ

sP3111587

イソマツは黒い枝がカラスの足のようなので、石垣島ではカラスノパンともよばれます

sP3111581

関節の痛みや、糖尿病に用いられることも

多肉ちゃんのミルスベリヒユ

生食できるので、その場で摘んで食べても美味

ほんのりした酸味に海水の塩けが加わって、シャキシャキした口当たりです

sP3111574

便秘やのぼせにいいとされます

ハマボッス

sDSC_0813

花の色は白~ピンク色

DSCF8551

利尿作用があるとされています

ミツバノコマツナギ

blog_import_4f6876a664dec

藍の仲間ですが、インドのマハーラーシュトラ州では、茎に抗腫瘍、抗炎症、抗ウィルス、抗ミコバンバクテリア作用が、葉と花は皮膚がん、咳や腸の膨満感に効くとされ、葉は堕胎薬とされたそうです(ウィキペディアより)

ハマダイコン 葉をサラダに

blog_import_4f687b3328ba8

ツルナ さっとゆでておひたしに

blog_import_4f6876a17c06b

シロバナミヤコグサも満開

sP3111609

日本では沖縄でのみ見られ、オーストラリアでも絶滅危惧種

sP3111613

ミツバチさんが訪花しています 浜辺でもよく働いているのをみかけます

sP3111606

ほんの少しずついただいた新芽

sP3111585

海のものも山のものも、さまざまな種類の野草をあわせて手作り酵素にします

手作り酵素生活 その1

手作り酵素生活 その2

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中