石垣島タマヌオイル製造工程

1.十分に熟れたテリハボクの実の殻を割り、核を取り出します。

sPA250001

sPC190032

sPC160089

2.褐色になるまでよく乾燥させます。

sPC170097

緑色のオイルが仁からあふれてきています。抽出準備完了のサイン。

sPC160087up

ちなみに上の写真の仁は、天日乾燥させたもの。太陽と風で時間をかけて乾燥させても、よく乾燥した大きな仁には、このようにあふれてくるものがあります。すべての仁がこういう状態になるわけではありません。

3.粒のまま、コールドプレス(低温圧搾)で抽出します。

sP1140165

抽出後の搾り粕、オイルケーキ。

sP3011450up

4.無漂白紙と和紙でろ過を繰り返し、不純物を取り除きます。

sP3011468

5.透明度の高いオイルができました。

sP5161780

加熱や化学処理などの精製はしていない、100%ピュアタマヌオイルです。

sP5212398
分析試験結果: ヒ素、重金属、一般細菌数 検出せず
sP5212404
分析試験結果: 280農薬 検出せず

 

※:原料となるテリハボクの実は、石垣島各地(個人の所有地やホテルの敷地など)に植えられている無農薬のテリハボクの木から、熟れて落下した良質な種子のみを使用しています。